>

新築だからこそ重要!修繕積立金のキホン!

新築で重要になる修繕積立金の大切さ

新築でも色々かかってくる住む上での諸経費

マンションに入居するとかかる経費

さて、いざ新築マンションを購入し入居しましたとなるともう自分のものになっており他には何もかからないと思っている人がいるとすればそれは大きな間違いです。
入居してからも毎月必要な経費はかかってきますのでそれは別途支払っていかなくてはなりません。たとえば自家用車を持っていれば駐車場代金、マンションにはたいてい管理人が常駐していますので、マンションの質を維持するための管理費がかかってきますまた町内会費やこまごましたものもかかってきますね。
マンションが集合住宅である以上、沢山の家庭環境を円満に維持するための必要なお金というものはやはり多少なりともかかってくるものになります。
ここが住宅と異なるところですが、利便性を考えるとやむ負えない出費となります。

月にかかってくる経費の色々

そしてさらにかかってくる大きな経費として修繕積立金があります。これはどういうものかというとマンションのような建造物は新築工事が終わって完成した時点から建物の劣化が始まります。これはどんな建造物にもいえることなのですが建物の宿命なので避けることはできません。そしてマンションは集合住宅なので外観を自分の勝手や都合で自分のところだけ直すことはできません。
そのマンションに住んでいる家庭全員ですべてをメンテナンスしていかなくてはなりません。そのために定期的に全面改装工事を行っていく必要がマンションにはあります、これら工事にかかる経費を住民全員が積み立てていくのが修繕積立金なのです。
これはマンションに入居しているものとして最も重要な経費となります。


このコラムをシェアする